事業紹介

代表メッセージ

思学舎グループは、茨城県の石岡で産声を上げました。当時は、毎日教室へ来てくれる子どもたちへ「あっ、わかった」と言ってくれるまでとにかく、とことん教える毎日でした。これが今日の「めんどうみ主義」の原点です。

内容も従来型の集団指導に加えて個別指導や映像授業、小学生の中学受験コースなど、時代の教育ニーズを先取りする形で新たな市場を開拓してきました。生徒数は順調な伸びをみせており、保護者様からも多くの満足の声をお寄せいただいております。

しかし、日々刻々と多様化する教育ニーズを前にして“これでいい”ということは決してありません。私たちは創業以来、学びの場面を通じて子どもたち一人ひとりととことんまで向き合う「めんどうみ主義」を貫いてきました。そのためには既存の仕組みや手法を大きく変えることも厭わず取り組んできました。これからも、目の前の子どもの成長を第一とするこのスタイルが変わることはありません。つまり「現場」の熱意によってこそ私たちは前進できるのです。

思学舎グループ代表阿部孝治

事業展望

本社は仙台市にありますが、関東エリアは、茨城県つくば市にある つくば教育本部が活動拠点となっています。少子化の流れの中でも、
1.活動地域 2.指導形態 3.指導対象、3観点での拡大により着実に売上を伸ばしています。

1.活動地域の拡大

1.活動地域の拡大

茨城県石岡市からスタートした思学舎は、2007年には千葉県、2010年には埼玉県、2018年には東京都へ進出を果たしました。今後は首都圏に主軸を移してゆく予定です。

2.指導形態の拡大

2.指導形態の拡大

集団指導専門塾からスタートした思学舎は、2005年3月に個別指導をスタートさせました。1対1、1対2、1対3という指導スタイルやネット授業を配信する東進衛星予備校も運営しています。今後も市場のニーズにあった学習環境を提供し続けていきます。

3.指導対象の拡大

3.指導対象の拡大

小、中学生の成績上位者を対象としてスタートした思学舎は、個別部門や高校生部門の拡充により、小学生から高校生まで幅広い層を獲得することに成功しました。これからの数年間は小学生低学年層へのアプローチと東進衛星予備校の積極展開を進めていきます。

4.新ブランドの展開

4.新ブランドの展開

2014年に「東葛進学プラザ」という新たなブランドを立ち上げ、千葉県にて拡大中。
2016年からは、地域No.1を目指す選抜制集団指導専門の「TOPPA館」を次々と開校。2017年には、中学受験指導の運営を一新し「俊英四谷大塚」としてリスタート。また、地域トップ校を目指す生徒を対象とした「突破模試」は2011年から年2~3回、無料で公開し、顧客拡大を図っています。

各教室案内

思学舎

1年を通じたカリキュラムにより、学校の授業の先取り学習や定期テスト対策、入試対策ができます。また、他の仲間たちと競いながら学力向上に努めます。私語のない落ち着いた環境で、集中力を途切れさせることなく授業を受けることができます。

思学舎パーソナル

受講教科はもちろん、部活や習い事の予定に合わせて都合の良い曜日・時間帯を選ぶことができます。一人ひとりの目標・課題に合わせ、自分のペースで学習できます。また、思学舎グループでは、生徒一人ひとりに専用のホワイトボードを使って指導します。

思学舎モア

思学舎モアの特徴は集団と個別のベストミックス。どの教科でも、どの指導スタイルでも1つの教室で受けられますので、1時間目は個別、2時間目は集団と、併用で授業を受けてもストレスなくスムーズに受講できます。

四谷大塚NET

学習指導の現場の空気を反映させた、子どもたちの好奇心を刺激しながら、考える楽しさを教える教材です。小学校1・2・3年生のお子さまに向けた「はなまるリトル」や、メイン教材「予習シリーズ」をはじめとしたさまざまな副教材で学習を進めます。

東葛進学プラザ

千葉東葛エリアに小中高一貫指導学習塾が誕生。一人ひとりを見つめた指導で自ら学力を伸ばします。

東進衛星予備校

東進の授業はおよそ1万種類。その中から、生徒一人ひとりのレベル・目標に合わせた最適な学習が可能です。また、担任による合格指導面談で、最適な学習方法をアドバイス。さらに担任助手が日々の学習状況の確認をしていきます。

TOPPA館

トップ校への上位合格はもちろん、その先の大学受験につながる学力を身につけるハイレベル指導を行います。